×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職のタイミング

転職のタイミングって、とても難しいですよね。

一般的には2年くらいがいいと言われていますが、企業側からするとあまり関係はないようです。
それよりも、資格などを重視する企業が多いようです。

得にIT系などになるとそれが顕著に現れますので、資格をたくさん取っておくといいかもしれません。

転職はどきどきしますが、新しい門出なのでがんばりましょう!!最近ではポジティブにステップアップの手段としての転職も増えてきていますからね。

それでも、日本では依然として、終身雇用制度が多く支持されているようです。

現在、外資系の会社では、もちろんそういった概念はないのでキャリア形成の一環として、どんどん転職をする人が多いように思えます。

しかし、企業側でも業績を上げられない人に対しては、日本よりぐっとシビアになっているようです。


就職活動について

インターネットが普及する以前は、大学の就職課に張り出された求人票を見たり、自宅に送られる企業求人パンフレットなどを見て企業に電話、郵便などでコンタクトを取って、会社訪問、入社試験を行うのが普通でした。

インターネットが普及した2000年頃から、大手企業を中心にリクルートが運営するリクナビに代表される就職ポータルサイトに会員登録し、それらのサイトを経由して企業に受験の意志をあらわしたり、会社説明会や入社試験の予約を行うのが一般的になりました。

現在では、就職サイトにしか求人情報を出さないという大手企業も多くなっていて、就職サイトに登録するということは、事務系を希望して就職活動を行っている学生の常識となっています。